朝ドラ「カーネーション」に学ぶ究極の起業家魂 その4

結局、お父ちゃんから許しが出て、
パッチ屋修行も板についた糸子だったが、そんな矢先・・・

パッチ屋から『不況で、給料出せんようになったさかい、辞めてくれ』と言われ、
解雇になってしまいます。

時代は昭和初期にあった世界恐慌のさなかで、それは大変な時代だったようですね。


どこも雇ってくれない状況。

毎日が不安の中、岸和田商店街の電気店の店先で、
とびきりキレイな女性がミシンの実演販売するのを糸子は発見します!

これが洋裁を糸子に教えた根岸先生との運命的な出会いでした。

湯世曲折ありましたが、結局、大阪出張中の根岸先生が、
東京に戻るたった一週間だけ、糸子は洋裁を教わることになったのです。

 

ここで起業家魂⇒自分を一気に上のステージに押し上げる人、
あるいは運命を変える人のことを貴人といいます

個人の努力・精進というものは、
階段をのぼっていくような地味なことですが、
この貴人の出現というのは、まるでエレベーター乗っけてもらうよう
感覚で物事が一気に進むのです。

あなたは、きょう、貴人に会いましたか?

コメントを残す

ページトップへ