人前で話すために必要なスキル……その2

『人は見た目が9割』っていうベストセラー本がありましたが、
あなたは読みましたか?

 

この本では、

「人をみかけで判断してはいけませんよ」

などと学校では教えていますが、実際のところ、

人はみかけでだいたい判断できるもの

なんだそうです(苦笑)。


私も以前からそう思ってましたけどw


もっとも、だいぶ以前からこの理論はメラビアンの法則として有名です。

アメリカの心理学者・アルバートメラビアン博士の研究成果のことですね。


メラビアン博士によれば、人が他人への印象の評価として重視するのが、

○見た感じ 55%
○声の調子 38%
○言葉の中身 7%

ということなんです。

要するに、声のトーンと立居振る舞いということです。

コミュニケーションの主役は、内容よりも、
誰が・どのように話すかが重要だ、
ということがわかりますね。


ということは、例えば第一印象を左右する、初対面での挨拶では、
話す中身よりも、見た目がパリッとしていて、
明るく話すことの方が大切
ということになります。


次回以降は、声のトーンの作り方をお伝えすることに致しましょう。

コメントを残す

ページトップへ